Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

San Franciscoから独り言

自分の考えや起こった出来事を記録し発信していきます :D

Cuba Trip Part2 Varadero編

Travel

前回はCubaのHavanaについて書きました。今回はVaraderoについてです。

VARADERO

f:id:mizoyoshi:20170123052217j:plainf:id:mizoyoshi:20170123052234j:plain

 

ラスト四日間はVaraderoという街に行ってきました。Havanaからバスで大体三時間のところ。キューバからひょこっと棒見たいに出てます。ここには"The best beach ever!"と多くの人がいうほど綺麗なビーチがあります。

 

f:id:mizoyoshi:20170123052220j:plain

 

Havanaでは安く済ませたのでここでは贅沢に高めのホテルに泊まりました。四泊で約700ドル。高く感じるかもしれませんが、マッサージ以外は全てその値段に含まれてました。ホテルに入ったら"Welcome Champangne"からは始まり、プールサイド、ビーチサイドにはbarがついていて、飲み放題、食べ放題。スキューバーダイビングのintroduction、プールでのヨガ、サルサダンス講座、プールサイドでのDisco、その他のwater sport activities。サウナやジャグジー、ジムもついていて、レストランも予約必須だけど全て700ドルの中に含まれていました。なのでホテルの中にいれば全然お金を使うことはなく結局130ドルほど余ってしまいました。

 f:id:mizoyoshi:20170123052223j:plain

そんなホテルは家族づれより、少し若いカップルから年配のカップルが多く目につきました。ホテルですのでCubaの人と話す機会は減りましたが、旅行をしにきている人とは少し話せて楽しかったです。

 

f:id:mizoyoshi:20170123052237j:plain

VARADEROから思ったこと

1. 自分にいかに投資しているか。よく時間はお金じゃ買えないから時間は大切にっち言われる。でもここにきている人たちは仕事やプライベートからも解放されたいが為にいつもとは違う異世界にくるための時間をお金で買って、普段できないことをしにきているように感じました。そんな風にゆったりと過ごしているのを見て私も将来この人達みたいに時間をお金で買ってゆっくりしたいなと思いました。

 

2. 英語が通じる人がいることの安心感。HavanaではSpanishしか喋れる人がいませんでしたが、さすがホテル!どの従業員もしっかり英語がしゃべれます。あんなに国を閉ざしていたのに観光業によって国益を得ているキューバは、ちゃんと喋れる人を育成していてちゃっかりしてるなっと思いました。笑

 

f:id:mizoyoshi:20170123052227j:plain 

 

3. 綺麗な水は行動を綺麗にしてくれる。Varaderoには綺麗なものしかなかった。水、海、砂浜、空、空気、洞窟、川、部屋、レストラン、トイレ、お風呂...。その中でもやっぱり多く目につくのが水。海の水、洞窟の水、川の水。でもこの水達はすべての条件が揃ってないと綺麗にはならない。ホテルに泊まる時点で環境にいいことはできてないけど、目の前に綺麗な水があると自然といい行動をしている自分がいました。むやみに殺虫剤を使わない、ゴミを持ち帰る、沢山のものを使わない、水を多く使わない等。当たり前なことを自然とできるのって、やっぱり綺麗なものが目の前にあるからなんだと改めて思い、Havanaの方ももっと綺麗なものが町中に溢れかえると、人々はもっと街を綺麗にしようと思うのかなっとふと思いました。

 

f:id:mizoyoshi:20170123052230j:plain

 

この7日間は天国にいるみたいに楽しかったです。キューバは危なくない?っち思う人も多いかもしれませんが、そんなことは全然なくて、すっごく安全な街ですよ!ま、油断は禁物ですが。

とりあえず皆さんにもっと行くことをお勧めします!きっとキューバで出会う人、見るもの、イベントなどで思うこと、感想は変わってくると思います!

 

 

yoshiko