Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

San Franciscoから独り言

自分の考えや起こった出来事を記録し発信していきます :D

アメリカ選挙から思う三つのこと

私の考え

皆さんnewsやテレビ、SNSからアメリカ選挙後のことを知っており、この選挙から思うことも沢山あったと思います。私もありました、その中から思った三つのことを書きます。

1. アメリカ人から見習うこと

まず初めに。アメリカ人の政治に対する意識の高さです。クラスが始まる前からクラス中でも意見を求められたら進んで自分の意見、感情をしっかり理由をつけて表に出していました。これができるのも自国の政治についてしっかり理解しているから。私の友達の多くがアメリカはもう他国のことを批判できないと言っていました。でも私からすると、全国民が選挙をオリンピックを見るかのようにテレビに釘付けになり、この人に大統領になってほしい、理由はこれだ、っとはっきりと言えることはすごいことだと思います。class mateの一人が

「私はvoteに行かなかった人の意味がわからない。理由を聞いたらどっちでもいい、よくわからないからだって。それでもアメリカ国民か?って思った。」と。

でも私からしたらアメリカ人はもっと自分達を誇りに思うべきだと思いました。日本の投票率を見た時、これから日本の社会を発展させて行かなきゃいけない20代が35%。10代の46%にも負けてます。アメリカにいる奴が何いうかって思うかもしれませんが、10代の方がまともに選挙に参加していて、誰でもいい、皆一緒、よくわからないからって自分の意見を決めないのはどうなのか?投票しない一票が多いからこそ選挙という土俵に立つことすらもできない人がいるのに...

なので日本の皆さん、もっと自国の政治に関心を持ちましょう。

 

2. アメリカは一番偏見(差別)がある?

差別というと強すぎるように感じるので、ここでは偏見という言葉を使います。少し意味が違くなるかもしれませんが...

カルフォルニアは本当に人種が多いし観光客も多い、だから偏見は他に比べると少ないかもしれません。でもアメリカ全土で見た場合どうでしょう?今回の選挙結果や選挙後の動向を見ていると、アメリカは一番偏見があり、しているのかなっち思います。アメリカって人種がとにかく多い為、どの人種にも優しいような感じ。でも実際移民による沢山の文化による考え方の違い、能力がある人が入ってくることで、格差が生まれ、それが嫉妬心を呼び、蓋を開けると結構な人が偏見的な目を持っているとわかったのでは?

しかし、アメリカ人がこれに気づいてないことが一番の問題であり、原因なのかと私は思います。自分の偏見心に気づいてなかったから、Trumpさんの偏見じみた言葉達に多くの人が賛同し、今回の選挙結果にアメリカ人の真の考え方がでてきたのかなと思います。

 

3. 抗議=子供への指摘

私はヒラリーさん派でした。選挙が終わっていろんな人の意見を聞いていて、Trumpさんで大丈夫なのかな?っち思うことは実際とても多いです。でももうなってしまったものはしょうがない、抗議してもいいと思うけど、しても意味なくないか?Trumpさんもまだ政治に初心者だから、これから皆一緒によくして言ったらいいんやん!だから何故皆が抗議活動をしているのかが謎で、少し冷めた目で見てました。でもその後色々と考えていると、あることに気づきました。

親は子供が間違ったことをしていると怒り、指摘します。これは子供が自分の行動を見直すためにする行動です。ですがもし親が何もしなかったら子供は間違ったことを正しいと思い、どんどんやってしまいます。

Trumpさんへの抗議活動はこれと同じだと思いました。Trumpさんは偏った意見を持っている、時には正しいかもしれませんが、時には正しくない。ここでTrumpさんに何もいう人がいなかったらTrumpさんは自分の言動を考え直そうともしない。だか国民が子供に間違いを指摘するように行動で示すことで、Trumpさんも自分の行動を見直すことがあるかもしれない。でも国民がしなかったら、何もTrumpさんは考えない。だからこそ抗議活動は大切なのです。

 

まとめ

以上が私の気づき、大切だと思った三つのことです。これから何が起こるかわかりませんが、とりあえず留学生の私も油断はできないことが多くあります。よくアメリカ人に日本に帰りたくなったでしょ?と言われますが、全然思いません。まだまだアメリカでいろんなことを学んでいきたいなと思ってます。

とりあえずいい方向に進んでくれるといいな〜っと楽観的に勉学に励みます。

 

ではでは長々と読んでいただきありがとうございました。

 

 

yoshiko

私の身近であったアメリカ大統領選挙結果からの出来事

私の考え

2016年11月8日11:30PM頃

アメリカ人のハウスメイトとbarからUberに乗って帰っている途中にTrumpさんがnext presidentに決まったと言うnewsを見た。Uberは乗り合いで私を含め4人の学生が乗っており、皆ため息をついていた。家につくと私のハウスメイトは号泣して親に電話。それから夜中の二時まで電話していた...

2016年11月9日10:10AM~

classが始まるまえからclass mate達は教授と8日夜の出来事を話していた。その表情は皆疲れており、口からはため息が出ている。そしてクラスが始まり教授が学生にelectionの意見を求める。教授自身は同性愛者で子供が二人いると言う。彼女は涙をこらえながら今後子供に自分達自身のことをどう伝えたらいいのかわからない。子供に話す時に自分は差別されてまでこの結婚したと言わなければいけないのかっと。それから多くの学生が自分達の家族、友達、考えを述べていた。多くの学生が教授と同意見だった。

同日のFacebook上では...

多くの私のアメリカ人の友達がnight mareだ、何で?どうして?と怒っている。中にはJust move to Canadaや、How can I buy cheap one-way ticket to Canada?という人も多くいた。皆New York TimesのNews記事をshareしたり、Likeや怒りマークを押し合っている。それは今でもずっと続いてる。

6:00PM頃

SF State Universityのcampus内から多くの学生が一つのすごく長い行列を作って駅に並んでいた。きっと皆Downtownで抗議をするためだろうと予想がつく。その後Marketストリートと言う通りではとても大きな抗議活動があったと言う。

7:00PM-

Night classにて。教授がまた学生にelectionについて問う。皆意見を言い合う。ふと一人の学生がもうすでにTrumpさんの影響は出始めていると言うーーー

その学生の従兄弟はLAに住んでおり、9日の朝普通に歩いていた。横断歩道を渡ろうと一歩踏み出した時、一台の車が彼めがけて突進してきた。しかし彼自身は一歩しか踏み出していなかった為すぐに歩道に戻った。するとその車に乗っていた白人の老人が窓を開け、彼に向かってこう吐いた。

『これからは俺らの時代だ。お前ら黒人はどっかいけ!』

そう、この学生も学生の従兄弟も黒人だ。この学生は怒鳴るまではいかないが、激しくこの話をした。私自身も言葉を失った。こんなに早く影響が出ているのか...

10:00PM-

クラスが終わり家に帰る。housemateがまた泣いていた。彼女の知り合いでテキサスに住んでいる人たちが心配だと言う。私のhousemateのnationalityはメキシコで知り合いもそうだと言う。不法移民ではないけれどTrumpさんと同じように差別をすでにし始めている人が多くいると言う。ここはアメリカだ。いつ殺されるかわからない。だからこそ今が一番怖いのだと。

2016年11月10日

 今日も朝からクラスがあった。そこでも少しTrumpさんの話になる。私のバイト先の人達の中にも移民がいる。そのうちの一人と話した。彼女も選挙後は泣いたと言う、理由は私のハウスメイトと同じ理由だ。

 

どう思いましたか?

これは全て私の周りでの出来事です。まだまだ他にも多くあります。でもこれはサンフランシスコ、カルフォルニアだからなのかと思います。実際に他の州では多くの人がTrumpさんにいれたわけだから。今でもBarklyのほうなどでは抗議が続いているそうです。日本人学生の私にもメールが届きました。抗議をしても選挙は変わらない、では何のために? 皆さんはどう思いますか? 私の考えは次のブログに書きたいと思います。

ひとまずは何も事件が起こらないことを祈ります。

 

 

yoshiko

 

私の頭の中

私の考え

糸くず

ぐちゃぐちゃに絡みあった今にも捨てちゃいそうな糸達が最近ほどかれてきた。ほどかれると同時に自分の頭の中のやりたいこと、しなきゃいけないことを一つ一つ繋いで、私の頭の中を彩る一つの飾りしていってくれる。

 

2、3週間前ほどのまえから自分の周りの人に少しずつヒントをもらい、支えてもらいながら自分が今後何をしたいのか、将来どんな職種につきたいのかっていう小さいようですごく大きな枠組みが形作られました。

(枠組み、枠組み、枠組みって言いまくってるから聞き飽きた人もいるかもしれませんが、ご了承を。ぺこり)

その枠組みを友達、知り合い、大切な人たちと話すことができて、何とも言えない気持ち。でもまだまだ説明ができないところがあって全然だけど、少しでも自分のやりたいことがわかるってこんなに嬉しいんだな〜って。

 

でーも。そこで止まってたら意味がなくて、自分で環境を変えて、色んな人と話すことって大切だなっと。今したいと考えていることを迷ってたり、何をしたいのかわからない人も、何かしら動いて人と話したら、大人や周りから何かしらのヒントがもらえますよ。(そんなの知ってんねん。ってか?)

極端な例)大学をやめよう。医学部から経済学部に編入しよ。全く自分の学部と関係ないけど法の本よも。アート苦手だけどムービー作って映画関係の人とはなしてみよ。

自分がいた世界とは違う人と喋ると面白い何かが入って来るみたいです!でもこれをするときは良き理解者が側に居てくれるとむぎゅーっちしてた心臓がホワッと軽くなるんですよね。その理解者に会えることも外に出ないとないのかな・・・?

 

お子ちゃまがなーに言ってんだって思うかもしれませんが、とりあえず今日人と話をして最近思ったことをまとめて見ました。

 

糸の先端をどこに通せば綺麗な飾りになるのかわからない糸くずたちが頭の中を汚してるので、外に出ようと思う次第にあります。ぴしっ

  

yoshiko

あなたは何を持っていく?

Study in SF

さてなんて答える?

クラスの課題の一つにprofessorから毎週一つの質問が出されます。オンライン上で60人ほどの学生がコメントをshareしてclassで少し議論するのですが、先週悩む質問がありました。

 

「想像してほしい。自国が他国から言語、宗教、民族、性、過去の出来事等で非難をされ、テロや軍隊の標的になったとする。(自国で戦争、内戦等が起こるかも)あなたには自国から他国へあなたの家族と逃げるため、一週間の猶予が与えらる。その時あなたは自分の手で運べるものしか持っていけない。

しかし、逃げる場所もどのように貴方が他国の人に扱われるかはわからい。さて貴方は何をもっていく?」

 

最後の文を読む前に私が思い浮かんだものはノート、ペン、パソコンとハードディスク、財布に日本食。こんなものかなっち思いました。思い出の品も沢山あるけどパソコンがあれば繋がれるし、服とかも向こうで買えばなんとかなるって。

でも最後の2文を読んで、もしかしたらパソコンなんて持って入れない、持って入ってもネットが通じない国に行くかもしれない、また私の人権なんてゴミ以下になり、言語も通じない可能性もある。

 

日本人はわりかし良い人種っちいう印象がある。でももしかしたら第二次世界大戦の日系アメリカ人の方々のように変なレッテルを貼られ、強制収容所に送られるかも...っち考えたとき、パソコン、ハードディスクはすぐに頭から消え、頭にぱぱぱぱっと出てきたのが思い出の写真、友達からもらった手紙、大切な人からのプレゼント、そして私自身を証明するパスポートもろもろ。写真なんて沢山ありすぎて厳選できるのか自分?っちなるけど、それを厳選するとき、自分はどんな思い出、過去で作られてきたのかを再確認できるのかな~っておもったり。

 

クラスメイトの中にはキリスト教のバイブルを持っていくといった人、高校や大学の卒業証書、化粧が大好きだから化粧道具、自分の好きな本、その人の宗教に関連する道具、たばこ、

そして犬。これには激しく同意!!!

 

皆の答えを聞いているときにふと思ったのが、

この質問は違う言い方をすると「今のあなたにとって一番大切なものは?」につながるのかな?っと。

で、人間実際今一番大切にしてるものが何かわかってないのでは?っち不思議に思い、この質問は今大切にしてるものに気づかせてくれる質問なんかもっておもった今日この頃でした。

 

なんだかグダグダですが、ふとクラスが終わって思ったことをまとめてみました。パチパチパチ

 

ちゃんちゃんっ

yoshiko

私のお気に入りの場所 in SF

SF娯楽

私のサンフランシスコのお気に入りスポットの紹介です :)

サンフランシスコと言われればGolden Gate Bridge。これは鉄板ですね。この橋も天気がいい日に見るとすごく綺麗で圧倒されます。他にも様々なものが有名なサンフランシスコですが、サンフランシスコに来ることがあるなら行って欲しい私のお気に入りがあります!

 

Moraga Step

Moraga Streetにある合計163段のモザイク階段。細々と存在をしているため、意外と知られていないのですが、休日は多くの人がいるので平日に行くのがオススメ。夕方に行くと夕日が地平線に沈んで行くのをぽけ〜っち見ることができ、サンフランシスコを上から見下ろせます。Twin Peaksという観光客がガヤガヤいるところよりかは落ち着いてしみじみできるので好きです。階段を見るなら昼間に行くことをお勧めし、夜景でしたら私的に夕方か夜が一番です。夜になると階段の綺麗さはわからないのですが、昼間のサンフランシスコの風景より夜の方が格段に綺麗です。

 f:id:mizoyoshi:20160921081808j:plain

 

Pier 7

こちらはPier39に負けてしまいあまり目立たない場所。というかほとんどのPierは目立たんけど... :( Pier7はただただ長い橋っちいうだけで、お店も何もないのですが、夜になるとすっごく綺麗な夜景が観れます。よくSFのDowntown背景にweddingの写真を撮っています。先日行った時は満月でしたのでなお心が落ち着きました。またここだとBay Bridgeが見渡せすごくロマンチックです:D

 f:id:mizoyoshi:20160921081433j:plain

(私の知り合いの写真を使わせていただいています!)

Land ends

ここはgolden gate bridgeを右からではなく左から見ることができる場所です。また端っこの方に宇宙からの模様のようなものがあります(これはきっと私だけかな?)。実際これは小さな迷路になっているので、端のスタートから真ん中のゴールに歩くというゲームもできます。笑

f:id:mizoyoshi:20160921081918j:plain

 

まだまだ素敵な場所があるので、これからも開拓していこうと思いまっす:D

 

yoshiko

 

 

また新しい一年の始まりです。

Study in SF

8/24から大学が始まり、今日で一週間と少しが経ちました。

今年は授業が始まる一週間前からバタバタとしてました。何故なら新留学生オリエンテーションがあったから。今年も約90か国から500-600人程の学生が来て、改めてサンフランシスコには多くの人種が集まることを実感させられました。私も彼らと同じように、サンフランシスコに来た時不安と期待の二つのドキドキを背中に背負って来たことをふわっと思い出し、自分が今逆に迎えている立場にいることが不思議でした。

 

オリエンテーションの合間に留学生に多くの質問をされました。一年いる私からするとすごく基本的な質問も彼らからすると、全て何色かわからない布に隠されている状態。彼らはこれからこの布を一枚一枚自分で剥がしていくのか、一気に剥がしていくのかは人それぞれだけど、少しずつサンフランシスコっていうチャンスがたくさん転がっている街に溶け込んでいくんだと思うと、

自分も他のことにチャレンジして成長しなきゃ!

っち気合を入れることができました。

 

今回も授業をバズルをはめ込むようににカチャカチャと模索。今週やっと決め終わりました。今セメのクラスはInternatinal Relations Analysis and Application, Global Peace Study, Japanese American Identity, Human Sexualityの四つなのでそこまでバタバタしないかと思いきや、さっそく自分のIdentityとは何かと言うessayを2000字以上で書いてこいと...
まあこんなもんだったなっち久々の授業を実感し、夏休み気分から抜け出せ自分って冷や汗。

 

とりあえず今の所お気に入りのクラスはJapanese American IdentityとHuman Sexuality。日系アメリカ人と言う括りだけではなくいろんな人種の学生の話を聞けていい感じ。まだ三回目なのでなんとも言えませんが、これからもっといろんな人の話を聞けたらなとワクワクしてます。

日本の学校、大学ではあまり大きな話にならない性の話もこっちでは皆当たり前に話してて、すごく新鮮。日本人は恥ずかしがって話さないけど、女性としての性のあり方など学んでいると性を知ることって恥ずかしいことじゃないなと。

 

とまあ、こんな感じで始まってすごくこれから後14週間ほどが楽しみです!ワクワク

 

また授業のことなどについてあげていこうと思います。ではでは

 

yoshiko

アメリカ一人旅

Travel

私の一人旅の意味

今回の夏Americaの4州(Washington, Oregon, Illinois, Wisconsin)プラスCanadaのVancouverに一人旅。友達や知り合いを訪ね歩き、現地の人との交流もしました。これらの州に行って思ったのは、やはりどの州も全然違う面を持つこと。だからこそ現地の人達も少し違う。基本的にフレンドリーなのは変わらないし、homeless は多い。

f:id:mizoyoshi:20160818134236j:plain

Vancouverは観光地のためおすすめな場所をすごい教えてくれる人が多く地元のことに詳しかった。Seattleはpublic marketのせいか真顔で歩いてると、ヘイ!ねーちゃん笑顔笑顔、この魚食べる?うまいべ?happyなるべ?って感じですぐに笑顔にしてくれるpowerがあって。Portlandはぽけ〜っと歩いてるだけで心が和む雰囲気。心なしか歩くスピードが遅いような?Chicagoは東京でいう表参道って雰囲気で皆金持ちオーラ全開で堂々としてた。Milwaukeeはあんまり観光地観光地してないからどっから来たと?って興味を示してくれるhomelyな雰囲気。 f:id:mizoyoshi:20160818134326j:plain

こんな感じで一人旅して一人で回る時間があったからわかるようなことも多かった。(portlandは友達と基本一緒だったけど...)

f:id:mizoyoshi:20160818134438j:plainf:id:mizoyoshi:20160818134533j:plain

 


で、今回よく聞かれたのが、『一人旅って寂しくないと?』


結論。
...................................そりゃさみしいちゃ。
でも一人ってこう考えると面白いです。

  • 知ってる人がいない場所での一人は主役が自分になる。caseによったら自然がmainになって自分って本当ちっさいなっちなる。特にアメリカだと。
  • 現地民がいる場所での一人はすごく異質の世界。よそ者が目立つから。だからこそいろんな質問をしてくれる。で、その異質の世界にいかに溶け込むように巡るかがまた楽しい。地元の人かと間違われ道を聞かれると、ちょっと嬉しくなる。何もわからんけど。笑
  • 友達の前の自分の役割からの解放。誰もが皆友達の前、他の人の前ではキャラクターがあるけど、一人旅は自然体の自分に慣れるけん、自分のことを深く考えれる。今回も自分の考えをまとめることができました。

 

SFに帰ってきた時にいろんな人に旅行の話をしました。その時思ったのが、人間って皆寂しいから他の人と喋る。で、話したいことが沢山あるってすごい幸せ。また人に後で何したかを自分の言葉で伝えることで、その旅行をもっと記憶の箱にしまえると思います。それを発見させてくれる一人旅ってすごくいいですよ :D 

とまあこんな感じで一人旅お勧めします。友達と行くのも楽しいけど....笑

 

f:id:mizoyoshi:20160818134630j:plain

 

yoshiko